今後の需要

マッサージの歴史とその変遷について

近頃では、街を歩いていると、至るところでマッサージサロンの看板を目にします。現代社会は、テクノロジーの発達により人々は辛い肉体労働をしなくても快適な生活がおくれるようになりましたが、なぜか身体の疲れを訴える人が増えています。それだけ、文明の利器に囲まれた生活は心身にストレスを与えるのだということでしょう。このように、現代人が健康な生活をおくるためには、マッサージはなくてはならないものですが、それは古代社会においても同様でした。例えば、古代ローマでは公衆浴場が市民に開放されていましたが、そこで市民は入浴や歓談に加えて、身体のマッサージも楽しんでいました。当時から人々は他人に身体を癒してもらうことの心地よさを知っていたのです。

マッサージ業界の今後の動向について

これから、マッサージ業界の需要はますます高まるものと予測されています。人々は栄養や公衆衛生の改善により、歴史上まれにみるほどの長寿を誇るようになりましたが、健康で長生きするためには、心身のメンテナンスが欠かせないためです。これからは、病気やケガの治療よりは、病気にならないために身体を健康に保つことに、より重点が置かれるようになるでしょう。そのためには、定期的なマッサージで身体のコリをほぐして、血流を改善させることが大切です。これからの社会では、マッサージなどのサービスにも健康保険が適用されるようになることも考えられます。そして、大手企業はもちろんのこと、個人事業者の参入もますます増加するでしょう。